home
事業内容 出版物・指針 法令情報・手続 保安情報 講習会資料
注目情報 試験・講習のお申し込み ビデオ・スライドの貸出 事業所の保安活動紹介
富山県高圧ガス安全協会 > 事業内容 > 高圧ガス移動防災訓練  協会の概要 リンク お問い合わせ
事業内容年間活動計画調査・研究内容法定講習会講習会の開催保安診断指導視察研修会教育用資機材の貸出保安啓発活動高圧ガス移動防災訓練保安功労者等の表彰入会申し込み

2年度高圧ガス移動防災訓練

 10月8日(木)、富山市惣在寺の富山県広域消防防災センターにおいて、「令和2年度高圧ガス移動防災訓練」を実施しました。
 この訓練は、富山県と高圧ガス取扱事業所で構成される富山県高圧ガス地域防災協議会が、高圧ガス移動時に事故が発生した場合、被害の拡大防止を迅速かつ的確に行うため実施したものです。
 訓練には、防災事業所、富山県警察本部、富山南警察署、富山市消防局が参加し、各機関の連携のもと、迅速かつ的確な処置が行われました。

開会の挨拶 (富山県高圧ガス地域防災協議会長) 訓練参加者
 
訓練の内容は、こちらをご覧ください。


T 液化アンモニアタンクローリーの事故想定訓練
<訓練概要>  
 

 液化アンモニアタンクローリーが県道62号線富山市安田交差点付近を東に走行中、富山湾沖に震度6強の地震が発生した。地震によりコントロールできなくなった県道59号線(五福方面)から来た大型トラックが、液化アンモニアタンクローリーの側面に衝突、また反動で反対車線の普通乗用車にも衝突した。
 この事故で、液化アンモニアタンクローリー下部の配管の一部を損傷し、アンモニアガスが洩れ出すとともに、乗用車の運転手1名が負傷し、車内から自力では脱出できない。
 液化アンモニアタンクローリーを点検したところ洩れは止まらず、被害が拡大する恐れがある。

<訓練参加者>  
 

日産化学兜x山工場、日産物流梶A北産運輸梶A富山市消防局、富山南警察署



U 高圧ガス物性実験
<実験概要>  
 

@LPガスの物性実験
 (1)半密閉空間へのエアゾールスプレー噴射雰囲気のガス爆発再現
 (2)カセットボンベ加熱爆発観察

A特殊高圧ガスの燃焼実験
 (1)モノシランガスを高圧ガス容器から大気中に放出し、激しく自然発火することを確認する。
 (2)燃焼しているモノシランガスに消火器による消火を行い、消火器では火が消えないことを確認する。
 (3)モノシランガスを水中に放出し、ガスが水面で空気に触れた時点で発火することを確認する。

B液化ガスの物性実験
 液化窒素を用いた酸欠実験
 (1)密閉空間で漏洩した場合
 (2)大気中で漏洩した場合

<実験参加者>  
 

北日本物産梶A昭和酸素梶Aサカヰ産業梶A株b商会、北酸



V LPガスバルクローリー車の事故想定訓練
<訓練概要>  
 

 LPガスバルクローリー車が国道41号線富山市下熊野交差点を走行中、左から走行してきた乗用車運転手がわき見運転をしていたため、バルクローリー車の左側面に衝突した。その際、バルクローリー車の左側面にある弁箱内の配管の一部が損傷し、LPガスが漏えいした。
 衝突した乗用車の運転手は、車体が破損し怪我をして自力では脱出できない状態である。
 追突事故により、バルクローリー車からは大量のガス漏れが発生している状況であり、この漏れたガスが民家に流入、火災が発生する恐れがある。

<訓練参加者>  
 

北日本物産梶A潟潟rック富山、潟Aストモスガスセンター富山、 富山市消防局、
富山南警察署

 
footer